片付ける仕組みを作れば毎日がハッピーになれる

片付ける仕組み

 

もともと片付けが苦手な私。
私と同じような人は、散らからない仕組みを作れば、考えなくてもキレイが続きます。

 

自然と片付く家や部屋にするには、次の3つのポイントが大事なんだ。そう気づかされました。

 

使う場所に使うものを置く
同じ種類やタイプでまとめる
収納は一目見てわかるようにする

 

それぞれ詳しく書いていきますね。

 

 

@使う場所につかうものを置く
そもそも片付ける場所が離れていると、使用した後に戻すのが面倒になりがち。

 

家族の生活目線を考えて、収納の配置をすると使いやすく、散らかって
使いたいものを探すという無駄な時間や労力も減ります。

 

 

A同じ種類やタイプでまとめる
同じジャンルでまとめておくと探しやすく散らかりボ防止になりますよ。

 

例えば、通勤グッズとか健康グッズなど、用途や家族別に必要なものをセットにして揃えておくようにします。

 

 

B収納は一目見てわかるようにする
奥まったところはものが隠れやすくなるので、収納は前後ではなく、横に並べるようにするのが基本。

 

そのようにすれば、どこに何があるか見てわかるので、家族が使いやすくなります。

 

身支度にしても寝室などの固定観念は捨て、頻繁に使うものを集めておけば、片付けの手間も削減するはず。

 

 

私なんて、リビングにバックを収納しているんですよ。
使いやすく暮らしやすければそれがベストだと思うんです。

 

それと、新たに収納場所を決める場合には、この位置で本当に使いやすいか、半月くらい様子を見るようにしています。

 

私は勝間流メンタル片付け術で、これを意識して片付けをするようになってきてから、家の中を歩きまわる時間が半分以下になったんですよ。

 

 

片付け疲れもなくなって、家じゅうラクして綺麗になっています。

 

TOPへ

 

TOPへ